マウンテンバイク Q&A
ロードバイク 鈴木祐一プロフィール
その他 ショップインフォメーション 鈴木祐一ブログ
サイクルショップ【ライズライド】
鈴木祐一ブログ 鈴木祐一ブログ

  Rise-Rideジャージ ご予約承り中

 17 Jul 2009 01:41:39 am

あちこちから催促が来ていたのですが、やっと着手です・・・。
大変お待たせいたしました。





デザインは下記です。
(写真をクリックすると大きくなります)







長袖、半袖、ビブショーツを作ります。

サイズを書いてメールください。



ではでは。
   
   
   
   

カテゴリー: 商品 | Posted By : 鈴木祐一 |

  冒険

 17 Jul 2009 12:38:56 am

冒険




お店で、自転車を買ってくださったお客さんが『初めて100km走れましたよ〜』とか『○×△峠を超えられました!!』なんてお話を聞くとすごくパワーをもらえるんですね。
僕の場合だと距離100kmというと半日ツーリングぐらいの距離にはなってしまいますが、お客さんとしてはロードを買って数ヶ月で、更には未体験ゾーンな訳で…僕も嬉しくなりますし、楽しく自転車と共に走れてよかったなって思うわけです。



他の人と比較しなくたって良くて、自分の中での挑戦や冒険、未知なるルートや距離はワクワクと同時にドキドキ〜です。



という訳で、僕も久しぶりに夏の大冒険に出掛けることにしました。
(30代で冒険・初体験はドキドキですね♪)







荷物がゴチャゴチャしていてスミマセン・・・。
◆股にはるパッドの“Reskin”
◆旅の友“ガーミンedge705”
◆携帯工具“LEZAYNE”
◆チューブラーテープ
◆小銭入れ
◆各種補給食

などなど。




前夜は、緊張感からか期待感からか、よく眠れずに過ごしまして・・・。
まるで遠足前の小学生のようです。












AM3:00…ライズライドを出発〜♪






相模川沿い⇒小田原厚木道路の側道を通って海を目指します。
小田原厚木道路の側道を走っていたら、すこしだけ明るくなってきました。
良い天気になりそうです〜♪









海沿いの道、国道1号線に出ました。
朝焼けがキレイだったので走りながらパチリ。











小田原に到着。ここまでの平均速度29.8km。
速くもないけど遅くもないペース。
前半はまっくら闇の中の走行だと考えると悪くないかなー。










海とご対面。
朝焼けがキレイだ〜。
幸せ♪










熱海に到着。
身体がほぐれてきた部分と、少し凝ってきた部分があるので海岸の公園でストレッチを。











トンネルが続く。
気をつけて走行。
もちろんフロントとリアにはライト装備。











伊東に到着。
市場では水揚げされた魚の競りが行われていました。













ボトルは2本用意。
1本はほとんど空にしてある。
コンビニや自販機の少ない区間用の予備タンク的存在。











国道から川名方面へ。
車通りの少ない道を走る。












道のむこうに海が見える。













赤沢温泉にあるちょっと有名な朽ちている橋。
ループ橋だけど、途中で道が分断している。
一度、あの橋の上に上ってみたいけど落ちたら間違いなく即死だよな〜。










熱川に到着。
海の色がキレイになってきたぞ。











風が強烈に強い!!
下りでも漕がないと20kmを下回る(泣
山の上の風車は絶好調にビュンビュン回転。
クランクもアレくらいビュンビュン回ってくれないかな〜。












休憩。
疲れてきたので凝った脚をストレッチ。
シューズも脱いで回復・回復。
まだまだ強烈な向かい風区間は続きそうだからね。













白浜が見えてきた。
僕の若い頃だと、夏の有名なナンパスポット。













白浜に到着。
あんまり人はいないのは、まだ夏休み前だからかな?












下田に到着。
ペリーの黒船と僕の黒船(BMC)。
せっかく下田まで来たんだし、ちょっと脚を伸ばして伊豆半島の先端の石廊崎まで行ってみるかっ!









弓ヶ浜。
小さい頃、家族で遊びに来たことがある。
今度は、ウチの子供たちを連れてこよう!













漁船。
なにを採りに行くのかな。












雰囲気は南国。
原生林が回りに広がっていてジャングルの中を走っている感じ。













キツイ坂が断続的に続く。
けっこう脚にくる。きびしー。












石廊崎。
スゴイ。
断崖絶壁。
大迫力。

さーて。目的地の伊豆の先端に到着したので帰りましょう〜。














火曜サスペンス劇場に登場しそうな絶壁。
低い雲が立ち込めてきて、少し雨も落ちてきた。
片平なぎさがいそうだ。













旅の友“ガーミンedge705”
下り坂で、画面表示をこんな感じにしておくと、次にどっちのコーナーがくるのかよく判る。
次のコーナーは深いのか、浅いのかも一目瞭然。
感に頼らなくて良いので、より安全に・よりアグレッシブに下りを攻められる。












マーガレットライン。
名前にだまされてはいけない。
メチャクチャきつい坂の連続でイヤになる。













やっと雲見漁港。
いい雰囲気の路地。











あのね・・・。
集落は漁港なので海岸付近の海抜0mに近いところ。
だけど、となりの漁港に行くのになんでこんなに坂を登らなくちゃいけないの?
毎回150mくらいはアップしています・・・(泣










マーガレットラインには彫刻がいくつもある。
彼女は電話中かな?
芸術はよくわかりませんね。












やっと松崎の松崎の町が見えてきました。











堂ヶ島。
かなり疲労してきているので通過。
写真もだいぶいい加減になってくる。
最初は構図とか考えていたけど、この頃には電源入れてシャッターを押すだけ。
雑な写真だけど、構図を考える余裕は無し。











恋人岬。
風が強烈で、若いカップルがはしゃいでいる。
女の子が「キャーッ。風が強くて普通にたってられなぁ〜い♪」なんて言っている。
普通のときだったらムッとしないけど、今はなぜかムッとする。











旅人岬。
奥に見える山の上までまた登るのか・・・。
はぁ・・・もう坂はいいよ。












これで判るかな?風の強さ。
横風が超凄くてまっすぐに走れない。













山の途中に道のラインが見える。
またあそこまで登るのか・・・。












出会い岬。
頭の中はツライ・ツライ・坂イヤみたいな感じ。












ここから一旦下って、次のあの岬をまた登るのか・・・。
こうなりゃとことんまで付き合ってやるぜ!的な感覚。













やっと終了して、沼津までの海岸線。
海のすぐ脇を走れる楽しい道。














沼津の辺りの写真が無し。
疲れすぎていて背中のポケットの中にあるカメラをとるのも面倒になっていた。
気付けば山伏峠へ。
この脇が日本CSC。残り100km地点。












山伏峠。
フラフラ越える。
















伊豆の東側に戻ってきた。
朝通ったところ。













熱海。
お祭りをやっていて渋滞。
山車が電飾で飾られていてパチンコ屋みたい。













真鶴道路は20円払ってでも有料を通ろう!
とおもって入っていったら、料金所が消えていた・・・。
そういえば、無料化されたって誰か言ってたな。
前半もコッチを通ればよかった。もう少しだけ楽だったかもしれないと思うと損した気分…。



小田原で真っ暗になり、その後は写真撮れず。






クタクタになって、22時08分ゴール。





総距離:386km
標高差:4,651m
平均速度:24km
消費カロリー:12,879cal



人生で一番長く走った一日でした。





距離も時間も人それぞれ。
いままで10kmが最長距離の人は20kmを。
50kmの人は80kmを・・・。
みたいな感じで、他人と比較するのではなく自分自身を超えてみる事が大事かなっておもいます。
『あー。俺も結構できるじゃん!!』
って必ず思うはず!!



   
   
   

カテゴリー: diary | Posted By : 鈴木祐一 |

  イメトレ

 14 Jul 2009 03:20:29 pm

今週末は富士見で全日本選手権!



なので・・・。
イメトレでもしようかと思って(・・・ってイメトレじゃなくてトレーニングしろよ!って感じですが・・・)こんな動画を見ていました。






ベネルクスカップ。

こんな平地と砂で構成されたシクロクロスみたいなコースじゃ、ネイスが勝って当然!!
MTB最強選手のジュリアンアブサロンだって歯が立たなくて3位でした〜。




・・・。

って全然、今週末の富士見のコースとは正反対でしたね。

   
   
   
   

カテゴリー: diary | Posted By : 鈴木祐一 |

  ラストレース

 11 Jul 2009 10:29:56 am

7月20日はMTB全日本選手権。
長野県・富士見パノラマスキー場で開催されます。


この大会で、ひとりの選手がレースを引退します。





昔、僕がブログで書いていた記事を(少し修正して)転記。

---
昔の写真を整理していたらこんな写真が出てきました。





後ろを走っているのが僕です。


記憶が正しければ1997年だと思う。
場所は栃木のハンターMtスキー場。
いわゆる昔の“Jシリーズ”です。
たしかこのレースはプロ・エリートクラスで8位だったはず。



前を走る青ジャージの選手とずーっとランデブー状態だったんだけど、ラスト1周半を残した長いヒルクライムが始まる地点で千切られた。



レースを走っていると展開をあまり覚えていないレースもあれば脳裏に焼きついて離れないレースもあります。
このレースは脳裏に焼きついて離れないレースのひとつ。



レース後に青ジャージの選手の奥様に
「u-1がピッタリ後ろについていたのが不気味だった。」と言われた。




それを聞いて、見ている人とか、記者とかよりも実際にレースを走っているヤツの方が実力差というか、選手の本当の力量が判るんじゃないかと思った。
だって同じ位置で競っていたけど、ぜんぜん力が違ったんだもん。






下りは僕のほうが余裕があったけど、登りは完全に負けていた。
(だから負けたんだけど・・・)
だから下りで先行して差を広げたかったんだけど、下りに入る前の登りでことごとく前に入られていて展開が後手になっていたんだなぁ。



“先手必勝”って言われるけど、レースは先手を打てないと負けることを思い知った。
それ以来、どんな状況でもレースでは攻撃的に走ろうと思っています。
守りの姿勢では負ける。
そういう事を学んだレースでした。




で、青いジャージの選手が富士見で引退するプロ選手。
全日本チャンピオンにもなったし、オリンピックにも行った竹谷賢二選手。



竹谷さんがサラリーマン時代のときから、仲良くさせてもらったり、アドバイスを頂いたり、時には相談に乗ってもらったり。
僕がヨーロッパに遠征に行くときには餞別も頂いたりしましたね。

当然むかーしむかーしは稽古付けてやりました!!(笑
が・・・最近では当然逆転で負けっぱなし(苦笑




ここまでやってきたんだから最後のレースもバッチリ優勝で締めてくれるでしょう。

今から20日のレースが楽しみで仕方ありません!
あ、その前に僕もマスターズクラス(30歳以上)でレースがあるんだった・・・。






   
   
   
   

カテゴリー: diary | Posted By : 鈴木祐一 |

  【シクロワイアード・インプレ】サーヴェロ・S1

 08 Jul 2009 11:27:32 pm

シクロワイアードのサイトでサーヴェロ・S1のインプレッションを担当しています。


http://www.cyclowired.jp/?q=node/11086


僕の好みの味付けのBike。
サーヴェロのバイクは、とにかくシャキシャキ走るからキモチイイ。






   
   
   
   

カテゴリー: 商品 | Posted By : 鈴木祐一 |



ページ: Prev 1 2 3 4 Next
Copyright © 2009 RISE-RIDE. All Rights Reserved.